apple MacPro

MacPro2019 SSDカスタムできる?

更新日:

話題沸騰中のMacPro2019!

拡張性、メンテナンス性は過去最強と言われているがどこまでカスタムできるのか?

これまでGPU、メモリについて確認してきたが、今回はSSDについて。

画像関連のデータは大きくなりがちだ。現在4K動画が主流となりつつあるこの時代容量は大いに越したことはないが、SSDはまだコストがかかる。

HDDであれば安く大容量を手にできるがアクセススピードはSSDより圧倒的に遅い。主要なデータはSSDにおさめ、バックアップや過去データなどをHDDに移して運用するのがベストだろう。

よかったらあとで過去記事も読んでもらいたい。

MacPro2019 GPU Radeon どれがいい?

MacPro2019  メモリカスタム

購入時に選べるSSD以下の通り

ちなみに標準は256GB ※価格は全て税込

1TB +48,400円

2TB +96,800円

4TB +169,400円

8TB +314,600円 となっている

果たして純正以外のSSDを取り付けできるのか?結論   できない。。。理由はT2チップにより暗号化されているため。(参照記事:iFixit

Apple からSSDが販売されるのを待つしかなさそうだが現時点では公式ページに掲載されていない。

SSDは購入時にある程度の容量にカスタムしておいたほうが無難といえる。

マウントできるHDDを組み込むかによっても選択肢は変わってくると思うので以下のHDDも同時検討したいが価格がどんどん上がっていく。。

Pegasusの8TB HDD 47,080円(税込)

Pegasusの32TB RAID MPX HDD 273,680円(税込)

尚、CPUにつていはiFixitによると非公式だが交換ができるようだ。

ここは確かな情報がでるまで扱わないほうが身のため。

標準は IntelXeon 3.5GHz 8コア

3.3GHz12コア(+121,000円)、SSDを2TB(+96,800円)、他は標準の場合

877,580円(税込)

ん〜高いね

まだまだ妄想は続く

 

OWCから朗報↓




-apple, MacPro

Copyright© mbrom , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.