apple MacPro

MacPro2019 GPU Radeon どれがいい?

更新日:

前回はメモリについてでしたが、今回はGPUについて。

GPU(Graphics Processing Unit ) とは画像処理装置のこと。

つまり画像処理を司る部分。

Macに採用されているGPUはAMD社のRadeonというカードになります。

他有名どこだとNVIDEA社のGeForceがあります。

普通GPUといえばファンがついたものを想像しますね。

こんなの

サムネでわかるかもしれませんがファンが付いてません!

アップル曰く

大きなヒートシンクのおかげでマシン内部の空気の流れに合わせて動作することで、熱を静かに

分散させる。騒音を立てるボルト締めされたファンもないので熱と騒音のレベルは驚くほど低い

本当に熱を逃がすことができればファンの音を気にすることもない。最高じゃないですか!

さて前置きはこの辺でさっそく今回のMacProのGPUを見ていきましょう。

GPU

標準はRadeon Pro 580X(8GB GDDR5メモリ搭載)です。

購入時に選択できるものは以下の通り (価格は全て税込)

Radeon Pro VegaⅡ(32GB HBM2メモリ搭載)+290,400円

Radeon Pro VegaⅡx2(32GB HBM2メモリ搭載)+629,200円

Radeon Pro VegaⅡ Duo(2x32GB HBM2メモリ搭載)+629,200円

Radeon Pro VegaⅡ Duo x2(2x32GB HBM2メモリ搭載)+1,306,800円

標準のPro580XってiMac2019 27inchの最上位構成の標準と同じなんですよね。

やっぱMacProだけの特別使用にしたいじゃないですか!(理想は)

iMacはPro Vega48(8GB HBM2メモリ搭載)にグレードアップできますが、価格に見合った性能アップはないと言ってる記事も読んだことがあります。価格は+54,450円。

ProVegaⅡは搭載メモリの規格と容量から高額なのが理解できるがそこまでのGPUが必要か?と考える。

そのうちラインナップされる以下の2つはおいくらなんでしょうか?

Radeon Pro W5700X(16GB GDDR6メモリ搭載)

Radeon Pro W5700X x 2(各16GB GDDR6メモリ搭載)

AMDの公式ページを見るにMac搭載のGPUは独自型番となっており、価格帯を予想するのが難しい。

これまでの記事で気になった方もいると思うが今回搭載できるメモリーにはHBM2GDDR5GDDR6の3種類の規格がある。

まずは規格について軽く調べて見た。

なんでもGDDR5はデータ転送の高速化と小型化・省電力・低発熱性を実現。GDDR6は5の後継で更に高速化を実現。

市場はエントリー 〜ミドルクラス。比較的低価格。

対してHBM2(HighBandwidthMEmory2)はその名の通り帯域を増やすことで高速化を実現。GDDRより消費電力も低く性能も上。

市場はハイエンドで高コスト。

まもなく登場W5700Xの価格は?

まずはProVegaⅡに近いものを市場で探したがメモリ32GBというものを見つけることができなかった。

ベンチマークなど実際の処理速度は無視して価格だけ予想。

Radeon VⅡ(16GB HBM2)が約10万なので32GBで2倍すると20万。

RX5700XT(8GB GDDR6)が約6万なので16GBで2倍すると12万。

少々荒っぽい予測だがMPXモジュール代が乗っかっておそらく15〜18万ぐらいではないかと予想。

後からカスタムする場合

公式ページでは現在2つ。

Radeon Pro VegaⅡ   338,800円

Radeon Pro VegaⅡ Duo 677,600円

ベンチマーク(参考)

VⅡ       22068

RX Vega64 17649

RX5700XT 20896

RX580         12972

的外れな予想かもしれませんが上の参考値からまもなく登場予定の

Radeon Pro W5700X(16GB GDDR6メモリ搭載)はよさげではないでしょうか?

それではこの辺で。

 




-apple, MacPro

Copyright© mbrom , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.