style THE NORTH FACE

ノースフェイスリュック scrambler roll back NM81801

更新日:

今回はノースフェイスのリュックについてです。

数ヶ月使用したのでレビューしたいと思います。

ノースのリュック

最近街中でもよく目にしますね。

中でも多いのはこの2つでしょう。両方とも価格は13,000円ほどです。

ヒューズボックス

高校生など学生でよく見かけます。カラーバリエーションも豊富です。

(画像引用:amazon)

シャトルデイパック

ビジネスマンから支持を得てるようです。

機能的なのと流行りもあり人気のようです。年配の方でも見かけます。

(画像引用:楽天)

購入したもの

今回私が購入したのはノースフェイス scrambler roll back (NM81801)

名前の通りロールバックです。

なぜロールバックにしたかというと、収納するものにより大きさを変更できることと、見た目。

販売から日が経っていたので品数が少なく、ブラックはだいぶ探しました。

(カモフラは大型スポーツ店の店頭に残ってるところもあり、ネットでは2万円ほどで在庫処分価格になってます)

ネットオークションサイトにもほぼ出品がなく、アルペンのWEBショップでようやく購入できました。

価格は27,000円ほどしました。同ブランドの他のリュックに比べると少し高いですね。

主な仕様

大きさ *個人計測のためざっくりです

【横幅】36cm    【マチ】13cm

   

【長さ】(ロール部分を畳んだ状態と最大に伸ばした状態)

最短で51cm

最長62cm(↓ロール部分を伸ばした状態)

収納

①前ポケット(縦30x横22)

中には仕切りポケットが2つあります。

②メイン収納部

(縦49cmx横31cmxマチ10cm)

横ZIPをあけるとそこからメイン部分にアクセスできます。これ便利!

ロール部分をいちいち開けなくていいです。

③ざっくりとした収納とノートPC用のポケットがあります

PC用ポケットは3つに分かれており

一番深いところで36.5cm

二番目が18cm

三番目は11cmで2つのポケットに分割されてます。

タブレットや曲がって欲しくない書類などを入れてます。

④サイドポケット

左右に各1個着いてます。

携帯やペットボトルなどすぐ取り出す物を入れておくのに便利です。

素材

840DナイロンTPEコーティングを使用、止水ジップと防水性にすぐれてます。

生地の特性上傷が少々目立ちますが、私は気になりません。

背中に当たる部分は立体的な形となっており、汗の蒸れ防止に役立ちます。

ベルト

ロール部分はベルトとマグネット式の留め具で調整します。

非常に簡単に調整、着脱が可能です。

胸元のショルダーベルトには両サイドにノースのロゴが入った

マジックテープが着いてます。(街使用で使うことはないかもしれませんけど)

シュルダーベルトをつなぐハーネスも着いてますので思い荷物を入れた時にしっかり固定できるように

なってます。

使ってみた感想

最高!

まずリュックという点で両手がフリーとなることが最も良い点です。

加えてロール式で荷室がざっくりしているので着替えや脱いだ上着などを放り込めるし、

中身が少ない時は小さくできるところも気に入ってます。(最大に伸ばすことは今の所ありませんけど.。.)

それと以外に収納が充実していて、ざっくり荷室と小物を分けて入れることが可能です。

サイドポケットも◎

冒頭に紹介したヒューズボックスと違い見た目は地味でブランドロゴも反射式なためあまり目立ちません。

今の所街中でかぶることもありません。(人気がないのかも・・・)

まとめ

今回ロール式のリュックを初めて購入しましたが、最高です。

少々大きめですがからった状態で重さも感じませんし、小物から大きいものまで1つに収納できるので大変重宝してます。

出かける時に大げさに見えますが、気にしてません!(どっか旅行にでも行きそうな雰囲気はでちゃいます)

いかがでしたか?

見た目も大事ですが使用用途にあった物を使うことは色んな意味で生活を豊かにしてくれます。

皆さんも無駄なストレスを極力なくし自分に合ったライフスタイルを楽しんでください!

それではこの辺で。

 

 

 

 

 

 




-style, THE NORTH FACE

Copyright© mbrom , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.